お金にしがみつかないようにするには、お金以外の物事に対しても、自分なりの価値基準を形成する必要があります。その自分軸は闇雲に意識してできあがるものでもありませんし、そもそも自分にとっていったい何が大事なのかは、はじめから分かるものではありません。まずは自分の価値観が、どのようなものなのかを意識することから始まるわけです。

数字を使って支出を記録し、自分の家計を把握していくことが、その第一歩です。支払いの優先順位を決められない人の家計は、必ずパンクするという鉄則があるのです。「あれもこれも必要」と深く考えずにお金を使っているわけで、せっかく手にしたお金で何から支払うべきなのか、自分にとって何が一番必要なのかが見えていない状態です。

ですから、お金が残るわけがありませんし、貯まるわけもありません。したがって、お金を貯め、お金にしがみつかない生き方をするには、自分にとって適切なお金の支払い方を習得することが必須となってきます。ただ、その支払い方にしても、適切が難しいのです。

自分にとってどのような優先順位が適切か、そこが分からない人が非常に多くなっています。逆に言えば、優先順位を見分ける事が出来れば、自然とお金は貯まっていくはずです。自分の家計全体を把握して、どれが自分にとって一番大事で、次にどれが必要かを見渡すことが、貯金の近道です。しかし、人によっては、家計全体を見ると収拾がつかなくなってしまうこともあります。そういった人は、全体からではなく、使い道ごとに分解して、それぞれ比較してみるとよいでしょう。