欧米を始め諸外国では、手持ち資金に余裕があると株式や不動産あるいは事業など、投資に回すのが一般的です。しかし、日本では収入からできるだけ貯蓄に回すのが普通だといえるようです。株式投資や、投資信託を通して資金運用の幅を拡げる人は、まだまだ少数派といえるのではないでしょうか。

そもそも、日本人には昔からタンス貯金に代表される貯蓄癖があるようです。投資をして失敗するリスクを恐れるあまり、健全な投資市場の発展を難しくしているとも指摘されています。例えば、日本の株式市場は機関投資家が占める割合が高いことで知られています。またプロによる、コンピュータを活用した最新の超高速売買システムが大量の株式取引を可能にしているとも言われています。

それだけ、個人投資家の割合が少ないことを表していると言えるでしょう。その点、海外の株式市場では、個人投資家の動向が株式相場に一定の影響を与えるようです。つまり、多くの人が株式市場で投資活動を行っているという事になります。特に、現在のように限りなくゼロに近い超低金利状況において、手持ち資金を銀行に預金しておくことは、貴重な資産を目減りさせる事につながります。したがって、海外の人たちは、少しでも利回りのいい投資先を探すのが一般的になっているのです。

しかし日本人の多くにとって、銀行への貯金が実質的に唯一の資産管理方法として利用されています。銀行への信頼感、現金で保有することの安心感、そして何よりも十分な知識を持たないまま投資の世界に入る警戒感と恐怖感が理由として挙げられます。少しだけ勉強してみると別の視点や可能性が見えてくるのではないでしょうか。